スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手・宮城内陸地震 追悼式で復興誓う(毎日新聞)

 17人が死亡、6人が行方不明となった岩手・宮城内陸地震から丸2年を迎えた14日、被害が集中した宮城県栗原市の文化施設「みちのく伝創館」で市主催の追悼式が開かれた。被災者ら約600人が犠牲者の冥福を祈り、復興に向け力を合わせることを誓った。

 追悼式に先立ち、地震発生時刻の午前8時43分に防災無線のサイレンが鳴り、市内各地で黙とうがささげられた。追悼式で佐藤勇・栗原市長は「犠牲者の心情を思うと胸が締め付けられる思い。復興に向け着実に前進したい」と述べた。

 栗原市では5月末現在、32世帯84人が仮設住宅に入居中。大半は7月末までに修復した自宅に戻る見通しだが、生活道路が開通していないため、帰宅のめどが立たない世帯もある。

 ◇岩手では防災訓練

 一方、岩手県では被災地の一関市と奥州市で防災訓練があった。2年前は国道342号が寸断され、迅速な情報収集が困難だったため、関係機関の連携を確認した。

 一関市では午前9時に宮城県沖を震源とするマグニチュード8の地震が起き、岩手県内陸南部で震度6弱を観測したとの想定で実施。国土交通省や県、建設業協会など約60団体が参加した。市役所内の災害対策本部に、重傷者発生や住宅の一部損壊などの連絡が次々に入り、現場確認の指示が出された。

 奥州市では自主防災組織などに配布した緊急告知ラジオの試験訓練があり、受信できるかを確認した。【比嘉洋、須藤唯哉、湯浅聖一】

【関連ニュース】
荒砥沢ダム:岩手・宮城内陸地震後、初公開
岩手・宮城内陸地震:慰霊碑に刻む「絆」…14日で2年
岩手・宮城内陸地震:発生2年 地元の大工が復興に全力
岩手・宮城内陸地震
岩手・宮城内陸地震:発生2年 刻む「絆」 宮城「駒の湯温泉」で慰霊碑除幕式

<バラフ>南ア産の塩味野菜をロールケーキに 佐賀(毎日新聞)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
<菅政権>「荒井戦略相」の対応に追われる(毎日新聞)
<最高裁長官>裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)
「仲間内でやっていた」野球賭博申告の力士ら(読売新聞)
スポンサーサイト

橋下知事「身内だけで決める仕組みおかしい」(読売新聞)

 大阪府の橋下徹知事は4日、民主党代表選について府庁で報道陣に、「公開討論も何もせず、身内だけで決める仕組みはおかしい。国会議員の常識は、国民の非常識だ」と批判。

 首相の選出方法に関しても、「国民の1票で選ばないと、強いリーダーは生まれない」と大統領制導入の必要性を訴えた。

前原氏も出馬せず菅氏支持(産経新聞)
裁判員裁判 自称「ラインハルト」に実刑(産経新聞)
未収金対策事業「そもそも論から考える」―長浜厚労副大臣(医療介護CBニュース)
養子海外あっせん5年で90件、高額寄付要求も(読売新聞)
民主代表選 菅氏を岡田・前原氏が支持 樽床氏と一騎打ち(毎日新聞)

母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕―奈良県警(時事通信)

 自宅の敷地内に遺体を埋めたとして、奈良県警捜査1課などは18日、死体遺棄容疑で同県宇陀市室生区黒岩、無職上浪保弘容疑者(50)を逮捕した。遺体は母親のサゾヱさんとみられ、上浪容疑者は「昨年8月ごろ死んだ。処置の仕方が分からず埋めた」と供述しているという。
 逮捕容疑では、上浪容疑者は2008年10月ごろから今年4月ごろまでの間、自宅西側に遺体を埋め、遺棄した疑い。遺体に目立った外傷はなく、同課は詳しい死因を調べる。
 同課によると、サゾヱさんと上浪容疑者は2人暮らしだった。上浪容疑者は「年金がもらえなくなり、生活できなくなる」と供述しており、同課はサゾヱさんの死後も年金を受給するため、遺体を隠した可能性もあるとみている。 

山口組系組幹部を逮捕=500万円恐喝容疑-ビル管理男性から・警視庁(時事通信)
宮崎県新富町でも口蹄疫感染疑いの牛(読売新聞)
<傷害容疑>1歳長女に熱湯 23歳母親逮捕 大阪(毎日新聞)
<もんじゅ>また警報数回 原因調査始める(毎日新聞)
ジャンボひと筋「3億円当たればハワイ移住」 宝くじ発売(産経新聞)

香る「花の寺」 約2万株のツツジが満開 京都府宇治市・三室戸寺(産経新聞)

 京都府宇治市の三室戸寺で約2万株のツツジが満開を迎え、大勢の参拝客らでにぎわっている。

 同寺は「花の寺」として知られ、庭園の斜面一面に「平戸ツツジ」や「霧島ツツジ」などが優雅に咲き誇っている。ツツジ園は16日まで。

平城宮跡守った情熱、今も 91歳学者が集大成14巻出版(産経新聞)
劇団四季 14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
滑走路にこすり傷=米デルタ機が接触か-成田空港(時事通信)
原爆の子 サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
元大和郡山市議、無罪確定へ=融資詐欺、控訴断念-奈良地検(時事通信)

法隆寺だけじゃない、斑鳩の塔ものがたり(産経新聞)

【麗し大和・記者の裏話】(17)

 聖徳太子の本拠地、斑鳩町。世界最古の木造建築として有名なのが法隆寺五重塔だ。こちらは、いつ行っても観光客でいっぱい。その近くの法起寺に、少し遅れて建ったこちらも最古の三重塔があるのだけれど、意外に訪れる人は少ない。でも、これが案外いい感じなのである。

 創建は706年というから、いま話題の平城京(遷都1300年)よりさらに4年古い。現代はどうしてもコンクリートの建物や電柱、電線なんぞにじゃまされがちなのだが、法起寺の周辺は、あまりそういう近代的なものが視界に入ってこない。今回は春のれんげ畑から塔をのぞんでいるけれど、秋のススキや稲穂もいいかんじで写真がとれる。

 何より、境内に入ってみて驚いた。塔の南側に「南大門」があって、もうすぐ外側に田んぼや畑が広がっている。ひょい、と境内に入れてしまうくらい。ちょっとした囲いはあるのだけれど。そのへんのおおらかさというか、オープンさがさらにこのお寺をひなびた雰囲気にさせている。

 おもしろかったのが、文献に残っている「露盤銘」のナゾだった。露盤というのは、塔の先端にのっかっている相輪の一番下にある箱のようなもの。そこに寺の由緒やらが書いてあった…と鎌倉時代の文献「聖徳太子伝私記」に書かれているのだが、現物の露盤は鋳つぶされて残っておらず、その伝が信じられるのかどうか、ずいぶん論議がアッタそうだ。結局、発掘調査の結果などと照らし合わせ、近年では信憑性が高いとされるようになっている。

 斑鳩町に来たなら、法隆寺を見て(広いのでけっこう疲れてしまうけれど)、せっかくだからぜひ法起寺に。さらにもう少し足を伸ばして、法輪寺の三重塔まで行ってもらえるといい。こちらも法隆寺と同じくらい時代をさかのぼる三重塔があったのだが、昭和19年に落雷で焼けてしまった。その後、最後の宮大工棟梁と呼ばれた西岡常一氏ラによってみごとによみがえり、美しい姿をみせてくれている(作家、幸田文さんがたいへん尽力されたことでも有名)。これで斑鳩三塔を制覇ということに。平城京や飛鳥もいいけれど、斑鳩には、ここにしかない鄙(ひな)の風景があります。

【関連記事】
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜
読めますか?悩ましい古墳の名前
謎がオモシロイ 海龍王寺あれこれ
斎宮 ちょっとミステリアスな響き
芭蕉の句は「氷の僧」か「こもりの僧」か 
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

平城遷都1300年祭 収容力に不安 最後はせんとくん頼み?(産経新聞)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>21日から警察庁で日中情報交換(毎日新聞)
火山噴火 成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)
飲食店にガソリンまき放火 容疑の男ら逮捕(産経新聞)
プロフィール

Author:ミスターかずしあさぬま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。